花粉症

つらい花粉症をサプリメントで乗り切る

 花粉症の症状を少しでも楽にするために花粉症に効果があるという成分を、サプリメントで摂取しているという人が増えています。

花粉症はアレルギーの一つ

 花粉症はアレルギーの一つであり、花粉を抗原として免疫反応が過剰に起きることが原因となっています。花粉が原因で免疫機能が反応しすぎると、鼻炎、鼻づまり、クシャミなどの花粉症の症状があらわれるようになってしまいます。

花粉症に効果があるサプリメントとは

 花粉症に対して効果があると言われている栄養素は色々とありますが、そういった栄養素がサプリメントに加工されて販売されています。

炎症反応を抑える物質

 ケルセチンやポリフェノールのサプリメントは、ヒスタミンという炎症物質を抑える効果があります。炎症反応を引き起こす物質を体内で生成されないようにする成分なども、花粉症の対策として効果が期待できる成分となっています。

 炎症反応の誘因となるプロスタグランジン、ロイコトリエンは、体内に取り入れている油の性質によっても影響を受けることは知っておきましょう。シソの実油はシソ科の植物であるエゴマの油であり、通常の油と異なりα-リノレン酸を多く含みます。プロスタグランジン、ロイコトリエンといった成分はα-リノレン酸の作用によって、炎症反応が起きにくい状態になります。

 シソに含まれているポリフェノールは、アレルギーを抑える効果があるとも言われています。ポリフェノールが豊富なことで知られている甜茶やカテキンの多い緑茶を飲むことは、ヒスタミンの働きを抑制する効果があるといいます。つらい花粉症を乗り切る方法のひとつとして、これらの成分をサプリメントを上手に活用して摂取してみてはいかがでしょうか。

薬を飲みたくない

 毎年、薬を飲んで花粉症のシーズンを越えようとする人がいる一方で、可能なら薬は飲みたくない方もいます。薬には抵抗があるけれどサプリメントなら大丈夫という人なら、サプリメントで花粉症対策をするのもひとつの方法です。

 しかし、昨今では副作用が少なく、それでいて効果の大きい薬が開発されているので、薬を使うという方法がポピュラーな対策になっています。それを言ってしまえば元も子もありませんが…。

 サプリメントは全く効果のない、といったものでもないので、いろいろ試してみることもお勧めです。

どのようなサプリメントを選ぶべきか

 では、花粉症対策のためにはどのようなサプリメントを選んだらよいのでしょうか。花粉症に悩む方は免疫のバランスが崩れているといわれています。最近では腸のコンディションがよいことが花粉症の症状対策に有効だと言われていますので、腸の働きを良くすることも大事です。

腸の善玉菌を増やすサプリ

 腸に存在する善玉菌と悪玉菌のバランスを改善するために善玉菌が増やせる栄養を摂取しましょう。花粉症の症状を改善するために腸内環境を整える成分の代表格は乳酸菌ですが乳酸菌にも種類があり、各種類によって働きが違います。

 たとえば、乳酸菌やビフィズス菌を配合したサプリメントを選ぶ際、乳成分が含まれていないか注意をしてください。乳製品にアレルギーを持っている方は、乳成分が含まれているサプリメントは摂取してはいけません。食物繊維やオリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになる働きがあり、腸内の善玉菌を元気にしてくれます。ビタミンDのサプリメントは、免疫の働きを高めることで、効果的な花粉症対策をサポートしてくれます。手軽に摂取できて、確実な栄養補給ができることがサプリメントを使うメリットと言えます。

ホメオパシー療法

 19世紀にドイツで確立されたホメオパシー療法は、花粉症対策として注目されているサプリメントだといいます。

 直接花粉症の原因を抑える成分を体内に摂取するわけではなく、自然の治癒力を高めさせ免疫機能の向上をはかるというものです。花粉症の原因を発生させる成分をほんのわずか投与する方法です。

海外ではホメオパシー療法はポピュラー

 西洋の伝統的な伝統医療であり、アメリカやイギリスではホメオパシー専門の薬局もあります。花粉症サプリメントの中にはこのホメオパシー理論を取り入れた商品がたくさんありますが日本ではまだ馴染みが薄いようです。

 例としてあげるならば、粘膜の炎症やくしゃみにはレッドオニオン、目の赤みやくしゃみにはサジバラ、鼻づまりにはアドレナリンなどです。ホメオパシー成分には様々なものがあるようです。サプリメントの中でも、免疫機能の向上によって症状を軽くするものです。

アレルギー全般に有効

 ほかにも花粉症用だけでなく、サプリメントの中には室内アレルギー用やペットアレルギー用のもあります。最近では、日本でもホメオパシーの治療を用いるサプリメントや医療機関が増えてきました。本人の治癒力が衰えている場合は効果が薄いようで、人が本来持っている治癒力を利用する方法のようです。

個人的には…

 個人的には、最近の花粉症の薬は、副作用もあまり出ず使えるものが増えているので、花粉症のつらい時期にかぎり、服薬し続けるのはアリかなと思っています。

 しかし、サプリメントの効く効かないは個人差があるようで、あるサプリメントが型にはまれば、薬を飲まなくても過ごせるようになるまで改善することもあるようです。

 個人差があるので、その辺は難しいですね。

The following two tabs change content below.

もとべ@35歳

健康が気になりだした35歳。最近痛風になってしまいました… 健康な生活を心がけ、様々な健康法を実践してきます。 これも元気に、健康に仕事を続けるため。 レッツ kenkou.work!

最新記事 by もとべ@35歳 (全て見る)