膝の痛み

 グルコサミンの不足の可能性があるといわれているのが、関節痛、膝痛、腰痛などの症状です。近頃では日本人の45歳以上の多くが関節痛で苦しんでいるといいます。膝の痛みがひどくて台所に長時間立っていられないという人もいますし、立ったり座ったりという動作がきつくなったりする人もいます。

 サプリメントの中でも関節痛に役立つものによく使われるグルコサミンという成分は、関節などの軟骨を構成しているものです。軟骨を作るために必要なグルコミノグリカンの生成を促す効果が糖とアミノ糖が結合したアミノ糖の一種であるグルコサミンにはあるそうです。

 どうしてグルコサミンが大切かというと、軟骨が減少すると関節痛が悪化してしまうからです。徐々に年を取るとともに減っていくグルコサミンは、元々体内に存在する成分だそうです。

 近頃増えているのが関節痛の対策にグルコサミンのサプリメントを利用する人です。サプリメントでグルコサミンを積極的に体内に取り入れることで軟骨を強化し、関節痛の痛みを和らげる効果が期待できます。サプリメントからの摂取が効率的なのは、グルコサミンは食物にはわずかしか含まれていない成分だからです。

 グルコサミンは単独で摂取するのではなく、コンドロイチンなど他の成分との組み合わせを考慮し、複数の成分を一緒に摂取した方が効果的です。人気があるのは、関節痛対策のサプリメントの中でも複数の成分が配合されているもののようです。

The following two tabs change content below.

もとべ@35歳

健康が気になりだした35歳。最近痛風になってしまいました… 健康な生活を心がけ、様々な健康法を実践してきます。 これも元気に、健康に仕事を続けるため。 レッツ kenkou.work!

最新記事 by もとべ@35歳 (全て見る)