メラトニン

 サプリメントでメラトニンを摂取したいという人は多く、通販やドラッグストアでも人気の商品です。ストレスの多い現代社会ですが影響からか睡眠障害に悩む人が年々増加していると言われています。

 ベッドに入ってから眠りにつくまで時間がかかるという人達が多くなっていますがそんな中でメラトニンのサプリメントが注目されています。

 脳内でメラトニンの働きが活発になることによって、人間は眠りに入ることができます。元来、人間は陽の光を感知してから15時間が経つとメラトニンが分泌されるようになり、眠くなるといった生体メカニズムが組み込まれています。

 ですが生活サイクルの乱れやストレスの蓄積などでメラトニンの分泌が滞ると、なかなか眠れなくなるなどの症状が出てしまいます。メラトニンは、老化と共に分泌が難しくなってしまうことがあるようです。

 メラトニンをサプリメントで供給し、メラトニン不足を解消してください。最近では、アメリカを中心にメラトニンのサプリメントによる健康効果も研究されています。実験用のマウスを用意し、片方のグループにはメラトニンを投与し、片方のグループには何も与えないでいると、与えられた方が20%も長生きしたという報告が存在します。

 輸入をしなければメラトニンのサプリメントは手に入らないことが多いですがインターネットを利用すれば簡単です。睡眠障害に悩んでいる人にとって、メラトニンのサプリメントは気になる商品の一つです。

 海外のサプリメントと事情と異なり、日本ではメラトニンは医薬品として扱われているため、買う時には処方箋が必要です。

 なぜメラトニンを気軽に購入できないかといえば、メラトニンはホルモンだからです。ホルモン系サプリメントを店売りすることは、日本では法律で禁止されているのです。

 一方アメリカでは、メラトニンサプリメントはごく一般的にサプリメントとして販売されています。サプリメントとしてメラトニンを摂取するとどんな副作用があるのか、メラトニンに関しては不明確なこともあるようです。

 実際のところ、アメリカのサプリメントを販売しているサイトなどを見ると副作用は無しと書いてある商品もあります。眠れなくなったり、血圧が下がったり、お腹が痛んだりという例もあるといいます。

 これを見ると、症状の現れ方は個人差がありますがメラトニンサプリメントには副作用が起きる可能性がわずかでも存在しているようです。メラトニンの効果や体にどのような影響があるかは、不透明な部分があるという言い方ができるでしょう。

 もしもメラトニンのサプリメントを利用するなら、こういったリスクもよく考え方上で使うようにしてください。メラトニンは、子供は使わない方がいいようです。もともとメラトニンの分泌が多いので、時差ぼけや睡眠障害があっても使わないほうが無難です。妊娠中もホルモンが増加しているので、メラトニンがどう影響するのか分かっていない事もあるようなので使用しない方が無難かも知れません。

The following two tabs change content below.

もとべ@35歳

健康が気になりだした35歳。最近痛風になってしまいました… 健康な生活を心がけ、様々な健康法を実践してきます。 これも元気に、健康に仕事を続けるため。 レッツ kenkou.work!

最新記事 by もとべ@35歳 (全て見る)