アンチエイジング

アンチエイジングには抗酸化サプリメントがおすすめ

 サプリメントで抗酸化力のある栄養素を補給することは、抗老化効果が期待できます。抗老化の取り組みのことをアンチエイジングといいますが一体どういうことをすれば、老化の作用を受けにくい身体になるでしょう。活性酸素が体の中に貯め込まれたことが身体が老化する要因になっているとされています。肌の老化の他、生活習慣病の要因になったり、ガンになりやすくなることも、活性酸素が関わっています。

抗酸化作用とは

 抗酸化作用とは、体内の活性酸素が多くならないように働きかけてくれる成分です。抗酸化作用が働くようにするには、抗酸化作用のある栄養素を積極的に摂取することが必要です。プラセンタやアスタキサンチンの他、美肌成分としてよく使われているビタミンCやビタミンEも、抗酸化力の高さが注目されています。

活性酸素を増やさないこと

 アンチエイジングのためには、抗酸化力の高い成分をサプリメントや食事から補給して、活性酸素が増えないようにします。ただ、献立を工夫しても、抗酸化物質の摂取が不足してしまうことも、珍しくありません。手間をかけすぎずにアンチエイジングケアをしたいという時には、サプリメントを使って抗酸化力の高い栄養素を補給するという方法があります。最近は、年をとっても年齢の影響を感じさせない外見でいるめに抗酸化力の高い成分をサプリメントで摂取している人が多いようです。サプリメントを正しく使用すれば、抗酸化作用のおかげで若々しさを保つことができます。

カルチノイドというサプリメント

 カロチノイドを配合したサプリメントは、他のサプリメントに比べて知名度が低いのではないでしょうか。βカロテンに近い組成をしているカロチノイドは、別名カロテノイドともいい、動植物の色素細胞に存在しているものです。酸化に対して強いことがカロテノイドの特徴的な部分です。紫外線による日焼けから肌を守ったり、肌老化を遅らせたりとアンチエイジングに効果があり、よくサプリメントとしても販売されています。

血管を若く保つことが重要

 年齢を増すと共に動脈硬化のリスクが高くなりますがこれは血管がもろくなって血栓ができ、血流が滞るためです。カロチノイドは抗酸化力によって血管の状態をよりよいものにするため、高齢者もカロチノイドのサプリメントを使います。がんの進行をゆっくりにする作用がカロチノイドにはあるともいいます。現在果たしてカロチノイドにどのような効果があるか、がん患者に摂取してもらうなどして臨床研究がすすめられています。

カロチノイドの含まれる食材

 カロチノイドは身近な食材でも摂取できる栄養素であり、研究中ではありますが特殊なものではありません。カロチノイドは緑黄色野菜、海藻類やカニ、鮭などにも多く含まれています。カロチノイドは油に溶け出す成分なので、料理の時にはそのことを意識するといいでしょう。カロチノイドを食事で摂取することが理想ですが毎日食べ続けることが難しいという場合は、カロチノイドのサプリメントが役立ちます。

メラトニンサプリメントについて

 健康や美容面に関する仕事をしている人たちの間で、メラトニンサプリメントが関心を集めています。老化やガンの原因となると言われている活性酸素を除去する酵素の力をアップし、活性酸素を抑制する効果が期待されています。

メラトニンは強力な抗酸化作用がある

 抗酸化力が強い栄養素といえばビタミンCやビタミンEですがメラトニンの抗酸化力はそれらより上です。脳に加齢に伴って発生する酸化現象がマウスを使った実験ではメラトニンで食い止められたそうです。アルツハイマー患者の脳で増える有害成分が細胞に酸化ダメージを与えるのをメラトニンが防いだという米国の報告もあるようです。

 背骨がS字に曲がってしまう脊椎測湾症は、85%が思春期女子に発症します。この症状が起きるのは、メラトニンが著しく不足している時だといいます。メラトニン欠乏はガン細胞の増殖を抑える機能を阻害し、ガンになりやすい体質を作るという説を主張している専門家も存在しています。

 世界各地の研究機関で、メラニンサプリメントについて調べが進んでいます。メラトニンサプリメントを一緒に使う事により、ガン治療の化学療法や放射線療法による副作用を無くすという報告もされています。サプリメントでメラニンを摂取することによって、健康を保つ効果が期待できるといいます。サプリメントなどでメラニンを摂取するという人は、将来にわたって増えていくことでしょう。

メラトニンは加齢とともに減少する

 年と共に欠乏しやすいメラトニンはサプリメントで補充することができます。若いころはきちんと分泌されていたメラトニンも、年をとってホルモンバランスが乱れると分泌量が減り、生体リズムを構築しづらくします。サプリメントを使うことで、足りないメラトニンを確実に補給できますので、重宝します。

メラトニンは眠りの機能をつかさどる

 脳にある松果体という部位から分泌されている成分であるメラトニンは、眠りと、目覚めの切り替わりに重要な役割を果たしているものです。年をとると起きる時間か早くなるのは、メラトニンが減って体内時計がおかしくなるからです。それまで眠っていた身体は、太陽光を受けて覚醒状態に移行し、眠りから覚めて活動ができるようになります。

 メラトニンは睡眠を促すホルモンなので、体内時計からの指示によって分泌量が変化します。メラトニンが分泌されれば人間の体はだんだんと眠くなっていくものですがこれらは体内時計が正常であることが前提です。メラトニンが足りないせいで不眠症になってしまう人もいます。

眠れないことの弊害

 眠れないことで他の病気の回復を遅くしてしまうこともありますので、対策を講じることが重要になります。メラトニンは身体の睡眠を促進するだけでなく、抗酸化作用もあるので、活性酸素の増加を抑制し、疲労からの回復を促してくれます。年をとっても若々しい体であるためには、メラトニンのような抗老化作用がある成分も効果的です。医療機関を受診するまでではないけれど、毎晩よく眠れなくて困っているなら、メラトニンサプリメントが役立ちます。

The following two tabs change content below.

もとべ@35歳

健康が気になりだした35歳。最近痛風になってしまいました… 健康な生活を心がけ、様々な健康法を実践してきます。 これも元気に、健康に仕事を続けるため。 レッツ kenkou.work!

最新記事 by もとべ@35歳 (全て見る)